• ホーム
  • 昔一番使われていた薬とは

昔一番使われていた薬とは

2019年07月09日
カプセル

現代の淋病治療においてはアジスロマイシンなどの抗生物質が主に使われることとなります。
淋病の原因は淋菌という菌類であり、抗生物質にはこうした菌類の活動を阻害する力があるからです。
ですが実は、このアジスロマイシンという薬剤が生まれたのはかなり最近のことです。
開発したのはファイザー株式会社という製薬会社ですが、ファイザー社がアジスロマイシンを開発し、日本で保険治療での使用が認められたのは2004年のことでした。
ですから、アジスロマイシンはまだ10年程度の歴史しかないということになります。

ではアジスロマイシンができる以前の淋病治療においてはどういった医薬品が使われていたのかというと、それが「ペニシリンG」や「セフィキシム」といったような薬です。
これらの薬品はかつての淋病治療の最前線にいた医薬品であり、多くの淋病患者がこの医薬品を服用することによって治療をしてきました。
これらの抗生物質は現代であってもまだ現役で使用をされているのですが、それではどうして、現代でも使用されているこれらの薬が淋病治療の最前線から退くことになったのかというと、その原因が「耐性」にあります。
生物はどのようなものであっても外敵に対して抵抗する力を有しており、それは淋菌でも変わることはありません。
こうした抵抗する力は耐性と呼ばれるのですが、人の体に淋菌が侵入し、淋病が引き起こされるたびに人は先に挙げたような薬を利用して対処をしてきました。

しかしそうした時間が長く続くうちに、淋菌自体がこれらの抗生物質に対する耐性を有してしまったのです。
特定の薬剤に対して耐性を持つ菌類のことを総称する際には「耐性菌」という言葉が使われますが、現在の淋菌のほとんどが、ペニシリンGやセフィキシムといった薬に対する耐性菌になっています。
そのため現在では、まだそこまで耐性を持たれていないアジスロマイシンなどの薬が主流となっているのです。

関連記事
淋病に用いられる効果的な薬

性行為やディープキスなどで感染するのが淋病です。治療法が確立する前は感染すると失明するなど非常に恐れられた病気でしたが、今では適切な治療によって完治させることが可能となっています。淋病かなと思ったらまず専門の病院に行き検査を受けましょう。そこで淋病でなければその症状にあった治療を受ければいいですし、

2019年05月25日
淋病が免疫不全症感染につながり頭痛などが起こる

淋病は淋菌に感染することによって発症する感染症です。主に性行為などで粘膜に感染して起こります。淋病の原因となる淋菌は感染力が強いため淋病は性感染症の中でも感染者の多い病気の一つです。感染すると数時間から数日で発症することが多く、女性の場合には膣から子宮などにかけて炎症を起こすことが多いです。そのため

2019年07月24日
薬の歴史について 2019年06月10日

多色な薬と葉

薬の歴史について

淋病の治療に用いられる薬の歴史については、患者にとって大きな関心ごとのひとつとしてみなされています。かつては、抗生物質などが発明されていなかったため、自然治癒に任せていた人が大勢いたと言われています。現在では、強力な効果を発揮する抗生物質が世界的に出回っていることもあり、淋病の重症化を未然に食い止め

2019年06月10日
淋病治療に用いられる薬には注射薬もある

淋病治療に定評のある医療機関は、全国各地で増加してきており、早期に治療を始めたい場合には、通院先をじっくりと検討することが求められています。淋病は、慢性化しやすい性感染症であることから、治療法の選び方についても、欠かさずにチェックをすることが大切です。例えば、注射薬を利用した治療法に関しては、即効性

2019年05月12日