• ホーム
  • 淋病に用いられる効果的な薬

淋病に用いられる効果的な薬

2019年05月25日
多様なカプセルと瓶と葉

性行為やディープキスなどで感染するのが淋病です。
治療法が確立する前は感染すると失明するなど非常に恐れられた病気でしたが、今では適切な治療によって完治させることが可能となっています。

淋病かなと思ったらまず専門の病院に行き検査を受けましょう。
そこで淋病でなければその症状にあった治療を受ければいいですし、淋病であったとしても適切な治療で完治できます。
一般的に行われるのが注射です。
セフトリアキソンやスペクチノマイシン、セフォジジムなどの抗生物質を筋肉注射します。
内服薬としてはアジスロマイシン、ミノサイクリン、アモキシリン、アモキシリン/クラブラン酸などが多く用いられます。
以前はペニシリン、シプロフロキサシン、レボフロキサシン、オフロキサシン、セフィキシムなどの抗生物質が用いられましたが、耐性がつき、効果がないケースが多いので今ではほとんど使われていません。

淋病に感染している人は同時にクラミジアに感染している可能性が高いので、両者を治療する必要があります。
ここでよく用いられるのがジスロマックです。
こちらの服薬量を増やすことで淋病もクラミジアも治療できますが、胃の不調などの副作用が現れることがあります。
また淋菌が血液を通して全身に広がった場合は入院して静脈注射での治療となります。

淋病の治療のための内服薬は上記のようにありますが、注射による治療が一番効果的です。
やむを得ない事情がない限り、通院をして医師の診断を受けて適切な治療を受けるのがベストです。
治ったと自己判断しても実は治っていないケースが多く、放っておくと重症化し治療が困難になることがあるので、菌がなくなって完治したことを確認するまでは通院を続けることです。
ジスロマックの正規品を通販で買う方法もあるため、服用歴のある方は通販での購入も検討してみても良いでしょう。

関連記事
昔一番使われていた薬とは

現代の淋病治療においてはアジスロマイシンなどの抗生物質が主に使われることとなります。淋病の原因は淋菌という菌類であり、抗生物質にはこうした菌類の活動を阻害する力があるからです。ですが実は、このアジスロマイシンという薬剤が生まれたのはかなり最近のことです。開発したのはファイザー株式会社という製薬会社で

2019年07月09日
淋病が免疫不全症感染につながり頭痛などが起こる

淋病は淋菌に感染することによって発症する感染症です。主に性行為などで粘膜に感染して起こります。淋病の原因となる淋菌は感染力が強いため淋病は性感染症の中でも感染者の多い病気の一つです。感染すると数時間から数日で発症することが多く、女性の場合には膣から子宮などにかけて炎症を起こすことが多いです。そのため

2019年07月24日
薬の歴史について 2019年06月10日

多色な薬と葉

薬の歴史について

淋病の治療に用いられる薬の歴史については、患者にとって大きな関心ごとのひとつとしてみなされています。かつては、抗生物質などが発明されていなかったため、自然治癒に任せていた人が大勢いたと言われています。現在では、強力な効果を発揮する抗生物質が世界的に出回っていることもあり、淋病の重症化を未然に食い止め

2019年06月10日
淋病治療に用いられる薬には注射薬もある

淋病治療に定評のある医療機関は、全国各地で増加してきており、早期に治療を始めたい場合には、通院先をじっくりと検討することが求められています。淋病は、慢性化しやすい性感染症であることから、治療法の選び方についても、欠かさずにチェックをすることが大切です。例えば、注射薬を利用した治療法に関しては、即効性

2019年05月12日